新宿中央クリニック
新宿幸容ビル6階
新宿中央クリニック
東京都新宿区
西新宿1-19-5
新宿幸容ビル6階 
(1Fソフトバンク)
新線新宿駅(出口3)徒歩1分
JR新宿駅南口徒歩2分
bt_map
包茎サイトコンテンツ
交通費支給
包茎手術、長茎術など
東京都内、東京都以外から
お越しの方も
交通費サービス制度有
bt_koutsuhi
新宿院専門サイト
発毛・育毛|新宿院
TATTOO除去・刺青除去|新宿院
ヒゲ脱毛 | 新宿院
女性のレーザー脱毛|新宿院
美容整形・美容外科|新宿院

仮性包茎なら治す必要はない?

仮性包茎の場合は、「いざという時にちゃんと剥けるし、セックスだったら出来るからいいよ」などといって、そのままにしている人が多いのが現状のようです。確かに仮性包茎は機能的に問題があるわけではないので必ずしも手術をしなければならないとは言えません。(保険診療のクリニックでも保険適応にならないのはその理由です。)

しかし、仮性包茎といえども、そのままにしておくと、いつも亀頭は皮が被ったままの状態で保護されているので、正常な発育が阻害されたり、亀頭炎、包皮炎などさまざまな弊害を生じる場合もあります。若い頃は、免疫力も強く、ばい菌等に感染しても炎症等になる可能性は低いし、完治も早いのですが、30歳を超える頃になると、免疫力も除々に低下し、炎症がなかなか治まらない場合があります。

当院にご来院頂く患者様がよく言われることが、「今まで風俗通いしてきたけどこんなに亀頭・包皮が炎症したことはあっても長く続いたことはなかった。運が悪かった」
確かに、原因は、加齢だけが原因ではなく糖尿病等の疾患が原因の場合もありますが、包茎が病気・炎症の温床になっていることは確かなようです。

また、発育が阻害されると、短小や先細りの原因に、また、亀頭部が刺激に敏感になり早漏の原因にもなります。さらに、見た目にも皮かむりは悩みのタネになるでしょう。何年もコンプレックスに思い続けているのであればいくつになっても遅いということはありません。
病気の予防・性交の充実・男の自身、思い切って治療をお勧めします。
また、包茎矯正グッズや器具などを使って皮膚がただれたり、切れたりして当院に来院される方もいらっしゃいます。
余分な皮膚は除去しないとなくなりません。

当院は洗練された平田院長自ら診察・施術いたしますのでご安心ください 


包茎関連ページ

お問い合わせ

包茎手術後 その他男性泌尿器治療に関するお問い合わせは0120-669-970までご連絡ください
bt_tel

bt_yoyaku bt_sodan

アクセスマップ

新宿中央クリニックアクセス地図

グーグルマップはこちら  東京都新宿区西新宿1-19-5 新宿幸容ビル6階 (1Fソフトバンク)
新線新宿駅(出口5)より徒歩1分。JR新宿駅からは南口を出たら、目の前に大きな道路(甲州街道)が通っております。次にその状態のまま右へ降りていきますと「西新宿1丁目」の交差点がございます。さらにまっすぐ「ヤマダ電機」を過ぎて30mほど行くと、1Fに「ソフトバンク」の入ったビルがございます。そのビルの6階が当院となります。

クリニックの場所がお分かりにならない場合はお気軽にお電話ください。
フリーダイヤル0120-669-970 (携帯・PHSもつながります)
※当院には駐車場がありません。電車またはタクシーでのご来院をお勧めしております。
院内設備2